家族や親しい身内だけが集まって葬儀を営む家族葬は、静かな環境で故人を送りだすことができるうえ、費用も少なくて済むのが特徴です。

従来の一般的な葬儀と比べると、半額もしくはそれ以下の金額で葬儀を行うことも十分可能です。家族葬の人気の高まりと共に、多くの葬儀社が家族葬のプランを提供しています。

家族葬の費用情報をピックアップしたサイトです。

そこにはもちろん料金も明示されていますが、じつはそこに明示されているのは葬儀本体にかかる費用だけのこともあります。


葬儀は式典だけにお金がかかるわけではありません。

その点についてはしっかりと理解しておかないと、あとで後悔することにもなりかねないでしょう。

最近話題のAll Aboutサポートと断言できます。

家族葬にかかる費用は大きく分けて3種類に分類することができます。

まず葬儀そのものを営むためにかかる料金、次に参列してくださった身内などを接待するための飲食代、さらに読経をしてくれたり、戒名を授けてくださるお坊さんに渡すお布施や車代などです。

葬儀料金、飲食接待代、寺院へのお布施、この3つの出費の総和がいわゆる葬式代と認識しておかなければいけません。


したがって家族葬を葬儀会社にお願いする際には、葬儀本体の料金以外にも飲食接待代とお布施についても考慮しておく必要があります。飲食接待代は出席者を絞れば安く抑えることも可能ですが、お布施に関してはお心次第となっていることが多いので難しいところです。

ただ最近は葬儀業者の側で僧侶を派遣する事業を展開している場合もあり、そのようなところではお布施の金額が明示されています。



菩提寺を持たない人などは、そちらを利用してもいいでしょう。